今週のコンテンツ会議 vol.1(4/28〜5/5)

ASMR SOAP CUTTING/ CARVING | Satisfying Soap Compilation 2

こんにちは。もりぞーです。

先週から引き続き、1週間で読んだ・保存した記事を、まとめて紹介していきます。

前回のコンテンツ会議はこちら

今日は湯河原にある幕山を登りに行くので、早起きして向かう電車の中で書いております。登山が終わったらそのまま熱海で泊まって明日までいる予定です。それにしてもいい天気だなあ……。

それでは今週のコンテンツ会議・7本です。

今週のコンテンツ会議

【1】ポパイ前編集長の木下孝浩がファーストリテイリングに入社 | Fashionsnap.com

ポパイの編集長がファーストリテイリングへ移るというニュース。そう考えると、世界観をつくる、ファンを育て帰属意識や文化を生むような編集長的スキルを持った業種は意外と多くはないのかも。時代の流れみたいなものをとても感じたニュースでもありました。

【2】デブでブサイクな男子大学生が女子店員よりもレディース服を売れるようになった話。

デブでブサイクな男子大学生がアルバイトでレディースの服を担当するようになった話。的確なレコメンドができることだけでなく、接客ならではな「仲良くなる」ことに取り組んだポイントと、それにいたるまでのストーリーが面白い。

ある条件のときだけ、デブでブサイクでも女性は僕に話しかける。それは「試着していいですか?」と許可を取るときだ。

お客さんの気になっている服を全員全て暗記する→試着の声をかけられるまで耐える→試着時に気になっている服を供給する。→仲良くなる。という行動に変えてから飛躍的に売上が変わっていった。精神衛生も良くなり、CVも上がっていったのだ。

【3】世界の音楽市場の足を引っ張っているのは、日本の音楽業界だった(柴 那典) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

現在、世界の音楽産業に訪れているのは「ストリーミング配信が多くのアーティストに収益をもたらし、そのビッグデータを活用してより確実性の高い興行ビジネスが可能になった」時代なのである

とあるように、収益性とユーザーとしての満足度の両方がきちんと担保されているのがSpotifyなどの現時点での音楽サービスの特徴だろう。どこかで聞いた話だが、CDだと一度買ったらそれっきりだが、Spotifyだと昔の曲を聴くたびに再生回数としてカウントされ、アーティストの継続的な収益につながるのではという話はたしかになあと思う。

タイトルに「足を引っ張る」とあるが、実際には「音楽業界を引っ張っている、大きな音楽市場のある国」という意味なので、ご注意を。

【4】新卒なりの新卒教育。|ハヤカワ五味|note

努力の仕方が大事だという話。ポイントとしてあげているのは下記の3つ。

・ベクトル(方向性)
・レバレッジ(てこの原理)
・投資→1で10を生み出す思考性

個人的には面倒を分け隔てなく受け入れがちなので、いい意味で面倒くさがりでありたいとも思う。

努力のフォーカスという点から考えると、下記の本も近しい話をしていて面白かったので参考までに。
>> イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」(安宅和人)

【5】坂本龍一 死を垣間見てわかったのは、意外なことだった (BuzzFeed Japan) – 【Yahoo! JAPAN限定先行配信】

タイトルにあるほど、内容としてはあんまり意外なことでもなかったのだけれど、好きな坂本龍一さんの記事だったので紹介。

「根底にあるのは、インプットだけしていてもつまらないから」

「僕は絶対に不満なんです。何を聴いても。大好きなドビュッシーを聴こうが、バッハを聴こうが……満足できない。自分で作っても満足できない。常に不満だから、何か作ろうとする。満足しちゃったら先はないです」

【6】YouTuberも注目の新感覚音メディア「ASMR」とは?ーー市場を狙うTinglesとアジア展望の可能性

80%が睡眠補助のために、70%がストレス解消、5%がセクシャル目的でASMRコンテンツを視聴しているという情報もあります。

とあるような市場でニーズが明確なため、マーケティングがしやすそうな印象。アンビエント系と合わせて、ASMRも聞きたくなることが多いが、シンプルながらも様々な素材を使っていて、そのバリエーションには驚く。

例えば、「12分間石鹸を削るだけの絵映えのしない動画にも関わらず、累計60万視聴を達成している」この動画みたいに。

ASMR SOAP CUTTING/ CARVING | Satisfying Soap Compilation 2
https://youtu.be/a6Rz2J2Prqg

「若者を中心に、リラックスやストレス解消を目的に、音を通じた快感を求める時代になってきている」ことを考えると、ラジオのパーソナリティ人気も声質に左右されるところもあるのかもという気がしてくる。

【7】キーエンスのWebマーケティングが凄すぎるので、解説してみた | DOER NOTE

キーエンスの事業関連のキーワードを検索すると、すごい勢いで検索上位を取っていることに驚く。「キーエンスのWebマーケティングが凄い」ポイントは下記の通り。

  • 自社メディアに掲載されるホワイトペーパーの質量
  • ホワイトペーパーの生産体制
  • 巨大な会員数を誇るメルマガの規模
  • メルマガのコンテンツの質が圧倒的に高い
  • ウェブ経由のリードをクロージングする営業力

まとめ

今週のコンテンツ会議は以上の7本でした。

情報収集はどれだけ集めるかだけじゃなくて、解釈としてポイントを押さえて、自分の記憶にも定着させるところまでやっていきたいなと思うところ。

最近、会社の先輩方から情報収集方法をどうやっているかについてゆるっと共有するメディア談義会たるものを開催したのですが、まだまだ自分の情報収集には工夫の余地はあるなあと。今後もいろいろと試す中で、コンテンツ会議企画が面白くなるように反映させていきたいなと思います。