「これは自分の感動か?」─自信がどうしても持てないときに読みたい漫画『ブルーピリオド』の感想

シェアする

ブルーピリオド

『ブルーピリオド』という漫画を読んだ。

「いわしくらぶ」に立ち寄ったときに何気なく手にとった1冊。成績がよく、将来有望とされていた高校生が1枚の絵を描いたことをきっかけに一転、藝大受験を目指すことになる漫画だ。現在は4巻まで出ていて、進行中。

何気なく読み始めた漫画だが、一気に読んでしまった。「いわしくらぶ」には2巻までしか置いてなかったので、帰り道すぐに4巻までKindleで買った。

テーマは「美術」。主人公は要領よく、人付き合いも上手な男子高校生。それまで芸術にはまったく興味がなかったような高校生が、どんどん「絵」にのめり込んでいく様はすさまじい。いわば「漫画の中に絵がある」みたいな感じ。

ドラゴン桜なら「東大合格」、弱虫ペダルなら「インターハイ優勝」など、主人公の目標があるように、ブルーピリオドの主人公の目標は「藝大合格」だ。

藝大(東京藝術大学)の絵画科は、日本で一番受験倍率が高い学科として知られている。そこに芸術未経験で3年間で挑まなければならないハンデが、主人公にはある。

この漫画が面白いのは、そもそも「美術」「美大受験を目指す人がどんなことをしているか」についてあまり知らないから、「美大受験目指す人ってこんな感じなのか」と新鮮な発見があることがひとつあるだろう。「美術の知識はけっこう細かくある」「試験でも意外と自由に描いていい」などなど、美術の授業で少し絵を描いたことがあるくらいであまり知らない自分としても、面白く読める点は多い。

それ以上に多くの人の共感を呼んでいるのは、器用で優等生であるがゆえに自分や表現に向き合うことが苦手だという「弱さ」に、絵を描くことで立ち向かっていく姿にあるような気がする。藝大合格は、上手に描けるだけでは果たせない。自分と徹底的に向き合い、熱量と独創性をもってして描ききれなければ超えられないハードルなのだ。それは「自分の考えを押し殺して、他人に合わせてなんとなく生きて」きた主人公にとって、随分と難しいハードルである。

「これは俺の感動じゃない」──そう誰かの感動によってしか満たされていなかったことに気がつくところから、この物語から始まる。自分の感動は、もろい。「感動したこと」「自分が信じること」は、誰からも共感されないことだってある。説明がつくことではないから、「自分の感動」を一度信じても、信じ続けることは難しい。

それでも、信じ続けたい。絵を描く技術と、自分を動かすエネルギーをもってして、なんとか「自分の感動」を追い求めていく。そんな主人公の姿に、すっかりしびれきってしまった。自信をなくしてしまったときがきたら、この漫画のことを思い出したい。

※漫画『ブルーピリオド』↓