2019年 年始

2019年 年始

Created
Jan 2, 2019
Tag
Essay

2018年は、さまざまなことに向き合い続けた年でした。

ほとんど仕事をしていたので、例年よりトピック的なあれこれは特に多くはありませんが、仕事にこれほどまでにじっくり向き合えたことはなかったので、それはそれで充実した一年となりました。

というわけで今年も一年を振り返ってみたいとおもいます。

今年の振り返り

まずは今年の振り返りから。

最後の大学生生活をすごす

2018年の1〜3月は最後の大学生生活を送ってました。

もうずいぶんと遠い記憶ですね…

インターンしたり記事書いたり、留学生寮で恵方巻きを作ったりしてました。

『【2月】恵方巻パーティーをやりました』

みなさんこんにちは。RAのみほです。 これまで本ブログを更新していたりょうさんはもうすぐRAを卒業してしまうので、引継ぎの意も込めて今回は私が担当します◎ さて、2018年が始まり早二か月。寒い日々が続いています。 そういえば雪も降りましたね。 「初めて本物の雪に触れた!」 という寮生も多く、みんな大はしゃぎ。 一緒に雪だるまを作りました。 (ドラえもんとドラミちゃんのつもりです) ということで、みんなで恵方巻を作りました! 昨年は長~い太巻きずしをつくったみたいですね。 昨年と違って今年は恵方巻。包丁できってはいけないので、みんなで一人一つつくりました。 4つの班 にわかれて、恵方巻をつくっていきます。 今回の具材は、きゅうり、玉子などといった定番から、明太子、棒棒鶏、さらにはローストビーフも。 欲張って全部入れようとする人も... 果たしてこれは恵方「巻」なのか... 何でもありの状況です(笑) 何はともあれ、巻いていきます。 恵方巻は、 ・毎年定められた方角をむいて のがルールです。 みんなで南南東を向いて、 無言でモグモグ。 端からみるとかなりシュールですが みなさん見事な食べっぷり。 ちなみに、けんちん汁もつくりましたよ◎ お腹いっぱい。 おいしかったなあ。 ごちそうさまでした! 以上が「恵方巻パーティー」の様子でした。 みなさん思い思いの具材で個性豊かな恵方巻をつくって、おいしそうに食べていたのが印象的でした。 もうすぐ三月。卒業と同時に寮を旅立つ寮生もたくさんいます。 残り短い間かもしれませんが、楽しい思い出をたくさんつくっていきたいですね。 ではまた。 (みほ)

『【2月】恵方巻パーティーをやりました』

四国(愛媛・香川)に行った

5日間くらい四国に家族で行ってました。ゲストハウス「じょじょに」にも行けた。高木さんにまた会いにいきたい。

大学卒業した

2017年の12月くらいに卒論はもう提出できていて、発表などを1月にして、無事3月にめでたく卒業できました。もう学割が使えないさびしさを覚えました。

大久保から渋谷に引っ越した

3月に大久保の留学生寮から渋谷に引っ越しました。会社の目の前に住むと1日の可処分時間が多く確保でき、通勤のストレスがなく、そして1日に1000歩と歩かなくなる、という学びを得ました。

ちなみに300円で手に入れた洗濯機は今も元気に動いています。もう運びたくない……

入社した

4月にコンテンツマーケティング系の会社に入社しました。

日々がんばってます。

フジロックに行った

来年はテントがとばされないことを祈ってます。

2019年に向けて

昨年は「筋肉じゃなくて細胞を鍛える」と言ってましたが、2019年は「細胞よりも筋肉を鍛える」一年にしたいなあと。

筋肉は言いかえれば「強さ」みたいなものです。

来年は扁桃腺をとったりすることもあって、また体力落ちてしまうから身体的な筋肉や体力つけねば〜、というところもあるのですが、どちらかというと「思考的な強さ」の方を鍛えたいようなイメージ。

2019年は、弱みを強みに変えていきながら、結果を出していく1年にしていきたいなと。2018年に感じたことは、「もっと強くありたい」ということ。

「アイデアを実現・実行し、現実に成り立たせる」強さ。方向性をもっていても、アイデアをもっていてもそれだけではダメで、目に見える、相手に届く形にしていくことにこだわり抜く。やさしいだけでは、おもしろくはならない。そんなことを自分に言い聞かせるように、2019年は過ごしていきたいです。